亀山たかしの

​8つの取り組み

01

人口減少、少子化対策

「仕事 住まい 子育て」の環境を整え、安心して生み育てられる地域づくりにとりくみます。

​雇用の充実拡大。移住・定住化の支援。空き家・遊休施設の活用で地域に賑わいを。

02

生涯学習・スポーツ振興

長寿社会をより豊かなものにする生涯学習、生涯スポーツ。これらの充実にとりくみます。

​心身ともに健康で学び、スポーツに親しむことの出来る、地域コミュニティー施設の設備を。

03

暮らしの安全安心

様々なかたちの災害に強い地域。すべての世代が安心して暮らせる地域づくりにとりくみます。

​桐生厚生病院の経営健全化を目指すなど、安心して暮らせる桐生広域医療体制の充実を。

04

産業・商工業の振興

先人たちの築いてきた伝統を受け継ぎ、経済が潤い、循環するまちづくりにとりくみます。

​産・官・学の連携と、技術の継承による地場産業の振興。企業誘致による雇用の拡大を。

05

農業・林業・畜産業

優れた品質をもつ群馬の特産品。これら県産品のブランド化で知名度アップにとりくみます。

​バイオテクノロジーなど、先端技術の活用を拡充させ、豊かで持続可能な農林・畜産業を。

06

道路網の整備・インフラの保全

北関道とのアクセス道路の整備。老朽化した各種の公共施設の保全に取り組みます。

​生活の利便性を高める各種道路網の整備と、各種インフラの点検と保全で安全の確保を。

07

文化・自然環境

歴史、文化。豊かな自然を活かし、子どもたちの学びの場、観光資源としての開発にとりくみます。

​ぐんま絹遺産に代表される織物文化の継承と保全。豊かな自然環境の整備と活用を。

08

県政の現場と双方向の受・発信

県政の現場からの発信につとめ、皆様からの発信は感度の良い受信アンテナづくりにとりくみます。

​スピード感と発信力が求められる現在。双方向からの発・受信によって開かれた県政を。