top of page

令和4年 第3回定例会

 群馬県議会「令和4年第3回定例会」が閉会しました。


 会期は9月20日(火)から12月14日(水)までの86日間。


 令和4年度一般会計補正予算案(総額670億円6千万余)をはじめとする80議案を中心に審議が行われました。


 原油価格や物価高騰への対応として、酪農家などの農林業関係事業者への支援策や、保育教育現場における光熱費や給食の原材料費高騰への支援策。また、コロナ禍での社会・経済活動再開に向けた「愛郷ぐんま全国割」の実施、マイナンバーカードの取得促進などについて審議されました。


 令和4年も新型コロナウイルス感染症との戦いが続きましたが、少しずつではありますが世界が日常を取り戻すために動き始めています。県議会においても、県民の皆様が日常を取り戻せますよう、ひとつひとつの課題に対してスピーディー且つ、的確にしっかりと対処すべく県執行部とも連携し対応してまいります。


 今後も、県民のみなさまにとって安心・安全で暮らしやすい群馬県の実現、未来に繋がる群馬県の発展のためにしっかりと取組んで参ります。

Comments


bottom of page